個人で引越しをする場合

単身での引越しは一世帯丸ごとの引越しに比べて荷物の移動が少なくなる傾向があるため、工夫次第では知人や友人、家族に手伝ってもらうことで引越しを完了させることができる場合もあります。

 

しかしながら、このような方法が通用するのはせいぜい隣県への転居くらいで、それよりも遠方への引越しとなる場合は個人でトラックを所有している友人がいない限りは、労力的にも経済的にもデメリットの方が大きくなるでしょう。

 

また、自分の力だけで引越しを行おうとする場合はトラックが必要になってきますが、軽トラックに積むことが出来る程度の荷物ならホームセンター等で貸し出しを行っていることもあるので車両を借りることでこれはクリアできます。

 

今まで引越しを経験したり、手伝ったりしたことがある人なら分かると思いますが、荷物を運ぶというのは想像以上に大変な作業になります。

 

引越し業者のスタッフは軽々と流れるように荷物を運んでいくため比較的簡単なイメージがあるかもしれませんが、それは研修や場数の経験があるからであり、素人が荷物を移動させようとするといくら筋力に自信があったとしても苦労するのが普通です。

 

以上のことを踏まえて、個人での引越しを行う際には怪我のリスク、かかる時間、労力等を計算に入れた上でどのような方法で転居をするか決めていくことをオススメします。

 

また、業者に頼む場合であってもいくつかプランを用意しているところもあるため、それらを活用することで費用を最小限に抑えることも不可能ではありません。