荷造りと荷解きのアドバイス

引越しの際には運びやすいようにダンボールの中に荷物を詰めますが、これが荷造りというもので慣れていない場合は時間がかかってしまう作業の一つです。

 

特に、単身転居者ですと一人で全てを梱包しなくてはいけないので時間がかかることは必至で転居が確定した時点で少しずつ荷造り作業を始めていきましょう。

 

荷造りをするにあたって荷物をダンボールの中に入れていくと思いますが、この時に適当に詰めていくと荷解きの際にどのダンボールに何が入っているのか分からなくなってしまうため、

 

同じような物は同じダンボールの中にまとめたり、どんな物が入っているのかを簡単にダンボールに書いたりしておくことをオススメします。

 

中にはスタッフにダンボールの中身を知られたくない物もあるかもしれませんが、その場合は番号を書いておいて後から中身を自分で照会する等工夫して、どのダンボールに何が入っているのかを把握できるようにしましょう。

 

この荷造りをいかに上手に行うかによって後々の作業にかかる時間や労力が変わってくるため一つ一つ丁寧に荷造りをしましょう。

 

また、荷解きに関して、大きなものから配置するということが一般的な荷解き方法ですが、ダンボールを運び入れる際にはどこに何を置くかを考えながら部屋に置くようにしましょう。例えば台所用品が入ったダンボールは部屋の中ではなくキッチンに置きましょう。

 

引越しをする人の中にはまとめて荷解きをした後に荷物を整理する人もいますが、これですと後からあっちこっちに物を移動させないといけなくなるため非効率的になってしまいます。